ダライ・ラマ

更新日:

 
チベット仏教(ラマ教)において、政治的な立場もかねる、宗教的きな最高指導者です。ダライ・ラマとは「大海のような徳をもった高僧」の意味の称号です。観音菩薩の化身といわれ、代々前代のダライ・ラマの生まれ変かわりとされる子ども(転生活仏・てんせいかつぶつ)を探し、次のダライ・ラマが選ばれます。15世紀初はじめの高僧ゲドゥン・トゥプを初代として、1642年、第5代のダライ・ラマがチベットを統一して法王と国王をかね、ポタラ宮を造営しました。

その後、第14代ダライ・ラマ(テンジン・ギャツォ)の1950年、中華人民共和国軍がチベットへ進駐しチベットを併合します。1959年3月のラサ暴動をきっかけにダライ・ラマはインドへ亡命し、インド北部のダラムサラにチベット亡命政府を樹立しました。

💡あなたにおすすめのページ💡
   供養之証による法要/依頼方法

<< 戻る

-用語集
-



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.