「用語集」 一覧

牟呼栗多(むこりった)

2021/02/05   -用語集
 ,

  牟呼栗多とは、「しばらく」「少しの間」「瞬時」の意味を持ち、時間の単位を表します。『摩訶僧祇律』では、須臾(しゅゆ)と表記されています。それによると、 1昼夜 = 30須臾(牟呼栗多) ...

永代供養(えいたいくよう)- 概要とお勧めの依頼方法

  永代供養とは、子孫の代まで先祖を祀り供養することです。現代では寺院や霊園で使われることが多い言葉で、その場合には、先祖供養を様々な事情でできない人に代わり、お布施や料金を払い、寺院や霊園 ...

生前戒名(せいぜんかいみょう)- 授与・依頼法要

2021/02/03   -仏事証書, 便り, 法要, 用語集
 , ,

  戒名は本来、生前に授かるもだということをご存知でしょうか。戒名と聞くと、亡くなられた後、お寺から貰う名前と思われている方が多いのではないでしょうか。ですから、ここではあえて生前戒名と呼び ...

追儺会(ついなえ)- 追儺式(ついなしき)

2021/02/02   -用語集
 

  追儺会とは、お寺などで行われる節分の行事で、追儺式、節分会、豆まき式、鬼儺会(おにばらえ)と呼ばれることが多いようです。太陰暦での大晦日が節分にあたり、現在の太陽暦に移すと2月3日頃にな ...

鬼(おに)- 仏教に関する鬼まとめ

2021/02/02   -用語集
 

  このページでは、仏教に関する鬼についてまとめています。新たなものが更新されると追記していきます。 ・八部鬼衆(はちぶきしゅう)四天王に仕え仏法を守護する8種族の鬼神です。 ・邪鬼(じゃき ...

ペット供養 - 法要/依頼方法

2021/01/31   -仏事証書, 便り, 法要, 用語集
 

  愛犬や愛猫などペットの供養を伝統仏教のお坊さんが読経・回向でペットの名前などを読み上げて行います。供養内容【葬儀告別、初七日、2七日、3七日、4七日、5七日、6七日、満中陰四十九日忌、百 ...

戒名(かいみょう)- 一般家庭の戒名について

2021/01/30   -用語集
 ,

  戒名とは、仏門に入ることを望む人が師僧(しそう)より戒を受ける受戒(じゅかい)を行うことで付けられる名前です。また、師僧が仏門に入ることを望む人へ戒を授けることを授戒(じゅかい)といいま ...

祈願法要/祈願内容選べます/依頼方法【厄除開運、家内安全、身体健全、心願成就、無病息災、交通安全、商売繁盛、合格祈願、良縁成就、因縁消滅】

2021/01/29   -仏事証書, 便り, 法要, 用語集
 

  祈願法要とは、厄除開運、家内安全、身体健全、心願成就、無病息災、交通安全、商売繁盛、合格祈願、良縁成就、因縁消滅などを祈願・祈祷することで、当方では伝統仏教のお坊さんが依頼者不参加型で法 ...

抜魂供養(魂抜き、お性根抜き、閉眼供養)- 依頼方法

2021/01/23   -仏事証書, 法要, 用語集
 , , ,

  抜魂供養とは、「ばっこんくよう」と読み、仏壇の中に安置されていたご本尊や位牌、法名軸、または、墓石に宿った魂を抜くための供養です。魂抜き(たまぬき)、お性根抜き(おしょうねぬき)、閉眼供 ...

魂入れ法要(開眼法要・お性根入れ)- 依頼方法

2021/01/22   -仏事証書, 法要, 用語集
 , ,

  魂入れ法要とは、「たましいいれ」「たまいれ」と読み、仏壇の中に安置するご本尊や位牌、法名軸、または、墓石に魂を入れる儀式であり、開眼法要(かいげんほうよう)、お性根入れ(おしょうねいれ) ...

門前掲示板(もんぜんけいじばん)- お寺の掲示板

2021/01/14   -用語集
 ,

  門前掲示板とは、お寺の入り口に掲げられ、誰もが見ることができる掲示物です。単に掲示板とも、伝導掲示板とも、呼ばれ方の違いはあるものの、多くのお寺で利用されています。 門前掲示板の内容は様 ...

no image

しめ飾り

  しめ飾りには地方によって意味合いに若干の違いがありますが、お寺で聞いたところでは、年神を迎えるものだということです。毎年正月に年神が家々にやってくる来方神というもので、お正月様や恵方神、 ...

成道会(じょうどうえ)

12月8日は仏教の開祖お釈迦様が悟りを開かれた日、つまり成道(じょうどう)の日です。シャカ族の王子であったお釈迦様の名はゴータマ・シッダルタといいました。何の不自由もない生活をしていましたが、人生の生 ...

阿弥陀如来像(あみだにょらいぞう)

  阿弥陀如来、阿弥陀仏について、このページでは主に造像さた仏像としての阿弥陀如来像、阿弥陀仏像、阿弥陀像について書きます。もともとの梵名は「アミターバ」あるいは「アミターユス」 といい、そ ...

餓鬼(がき)

2020/11/24   -用語集
 

  餓鬼とは、三途・五趣(五道)・六趣(六道)の一つで、常に飢えと乾きに切迫され、食物や飲物でさえも手に取ると火に変わってしまうことから、決して満たされることがない鬼神です。また、集団の名で ...

愛語(あいご)

2020/11/18   -用語集
 

  愛語とは、四摂(ししょう)の一つである「あたたかい心のこもった言葉をかけること」で、これによって人々を救いに導く実践行です。そのことは聖徳太子によって著されたとされる『法華義疏』(ほっけ ...

精進料理(しょうじんりょうり)- 菜食主義との違い

2020/11/18   -用語集
 

  精進料理とは、仏教とともに中国から日本に伝わった修行僧のための食事のことですが、現在、一般に精進料理といわれているものは、曹洞宗や臨済宗、黄檗宗などの禅宗で確立されたスタイルのものです。 ...

餓鬼幡(がきばた)- 施餓鬼幡、棚幡

2020/10/31   -用語集
 , ,

  餓鬼幡とは、寺院などで行われる施餓鬼会(せがきえ)や施食会(せじきえ)、一般的にいう「おせがき」供養で使われる「緑・黄・赤・白・紫」の五色の幡(はた)です。施餓鬼幡(せがきばた)とも呼ば ...

施餓鬼会(せがきえ)- おせがき

2020/10/31   -用語集
 ,

  施餓鬼会とは、施餓鬼、施食会(せじきえ)とも呼ばれる寺院で行われる法会の名称です。修める時期に定めはありませんが、多くの地域・宗派では7月や8月のお盆前後に勤められており、この場合はとく ...

仏性(ぶっしょう)

2020/10/30   -用語集
 

  仏性とは、生命あるすべてのものが持つ仏の性質や仏になり得る原因・可能性のことで、 主に『涅槃経』で説かれる大乗仏教独特の教理です。覚性(かくしょう)とも訳されます。 時代や地域、宗派によ ...

邪鬼(じゃき)

2020/10/30   -用語集
 ,

  邪鬼とは、仁王像や四天王像に踏まれている小型の鬼で、仏法を犯す邪神として懲らしめられ、苦悶の表情をみせています。悪鬼(あっき)、悪魔などとも総称されます。仏教と切り離した分類でも、たたり ...

袈裟(けさ)

2020/10/27   -用語集
 

  袈裟とは、出家修行者や僧侶が身につける布でできた衣装で、略式の袈裟は信者も着用します。梵語で壊色・混濁色を意味する「カーシャーヤ」を音訳したものです。糞掃衣(ふんぞうえ)、福田衣(ふくで ...

三毒(さんどく)

2020/10/27   -用語集
 

  三毒とは、迷い苦しむ原因となる欲望のことで、煩わせる心・悟りに至る道を妨げる心のことで、人間の諸悪・苦しみの根源とされている貪・瞋・癡(とん・じん・ち)のことを指します。 貪(とん・ラー ...

愛敬相(あいぎょうそう)- 愛想、愛嬌

2020/10/23   -用語集
 

  愛敬相とは、仏・菩薩の姿は温和で慈悲深く、拝む人たちがその姿に愛(いつく)しみ、敬(うやま)わらずにはおられない相(そう)だということを表しています。 「愛想を尽かす」と使われる愛想の語 ...

四摂(ししょう)- 四摂法(ししょうぼう)

2020/10/23   -用語集
 

  四摂、または、四摂法とは、観世音菩薩や地蔵菩薩などが説いた、誰にでもできる人々を救いに導く菩薩の実践行です。四摂事(ししょうじ)、四恩(しおん)ともいいます。菩薩の実践とは、他者を幸せに ...

愛(あい)

2020/10/23   -用語集
 

  愛とは、慈しむ心や慈しんで行うことです。愛想、愛嬌、愛語、愛着(愛著)など、愛が付く仏教語は多くあります。そこから「愛」が仏教の中でどのように使われているのかを確認したいと思います。 「 ...

法華八講(ほっけはっこう)

2020/10/16   -用語集
 ,

  法華八講とは、法華経(妙法蓮華経)8巻を1巻ずつ8座で行いますが、1日に朝夕2座講じて4日間で読誦・講讃する法会です。略して「八講」ともいいます。そこでは、読師、講師、問者、精義、堂達の ...

吉祥悔過(きちじょうけか)

2020/10/16   -用語集
 

  吉祥悔過とは、吉祥天女を本尊としてまつり、最勝王経を読み、罪を懺悔して国家の安泰や作物の豊穣を願う、毎年正月に行われる法会です。 「吉祥」は仏教の守護神とされる吉祥天のこと。 「悔過」は ...

お焚き上げ供養(おたきあげ くよう)- 依頼方法

2020/10/13   -法要, 用語集
 , ,

  お焚き上げ供養とは、主に仏壇、位牌、神棚、お守りの他、写真、人形、手紙、衣服など、魂がこもっているようで、粗末に扱うことができない品物や、故人が生前に大切にしていた遺品などを、寺院などに ...

お焼香(おしょうこう)- 作法

2020/10/10   -用語集
 , ,

  お焼香とは、香を焚くことで、一般的にはお通夜やお葬式、法事などの法要会場に設置された焼香台で行います。お焼香により自身の匂いを法要に相応しい香りにし、この香りがするときには亡き人を思い出 ...

借香(しゃっこう)

2020/10/10   -用語集
 

  借香とは、お葬式や法事などの法要の際、すでに会場に備えられた抹香や線香を利用することです。近年では借香が当たり前に思われていますが、本来、抹香や線香は供えるために自分で用意する物でした。 ...

自香(じこう)

2020/10/10   -用語集
 

  自香とは、焼香をする際や線香を供える際に、自分が選んだ香(抹香や線香)を持参する、自分の香のことです。本来、抹香や線香は供えるために自分で用意する物でした。ただ、近年ではすでに会場に備え ...



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.