「用語集」 一覧

生前戒名(依頼する場合 5950円)

▶ 供養之証をメルカリで依頼する ▶ 供養之証をPayPayフリマで依頼する A4用紙に戒名や故人名などを印刷し硬質カードケースに入れたものを作成し、伝統仏教のお坊さんが読 ...

親鸞聖人・浄土真宗本願寺派・本願寺歴代宗主関連系譜(お西)

2020/09/11   -用語集
 

  第1代 藤原鎌足 【614~669年】 第2代 藤原不比等 【659~720年】 第3代 藤原房前 【681~737年】 第4代 藤原真楯 【715~766年】 第5代 藤原内麿 【75 ...

親鸞聖人・浄土真宗本願寺派・本願寺歴代宗主関連系譜(お東)

2020/09/11   -用語集
 

  第1代 藤原鎌足 【614~669年】 第2代 藤原不比等 【659~720年】 第3代 藤原房前 【681~737年】 第4代 藤原真楯 【715~766年】 第5代 藤原内麿 【75 ...

末法思想

  末法思想(まっぽうしそう)とは、ブッダが説いた正しい教えが世で行われ修行して悟りを得る者がいる時代(正法)が過ぎると、次に教えが行われても外見だけが修行者に似るだけで悟りを得る者がいない ...

密教

2020/09/10   -用語集
 

  仏教の一派。秘密教ともいいます。仏の悟りの境地(きょうち)に達っするため、きびしい修行を行い、祈りやまじないを重んじましたが、その教えは直接、師から弟子に伝えられ、公開されませんでした。 ...

弥勒菩薩

  ブッダの入滅(にゅうめつ)後56億7000万年ののち、仏になると約束された菩薩です。弥勒(みろく)は音写であり、「慈しみ」(梵: maitrī, 巴: mettā)を語源とするため、慈氏 ...

ラマ教

2020/09/10   -用語集
 

  チベット・モンゴルを中心として行われている密教色(みっきょうしょく)の強い仏教。チベット仏教の俗称。 ラマとはチベット語で「上人」「師」を意味し、それぞれの宗教上に成立する師をさします。 ...

踊り念仏

2020/09/10   -用語集
 

  念仏や和讃(わさん・仏教歌謡)をとなえ、鉦(かね)・太鼓(たいこ)などを打ち鳴らしながら歓喜(かんき)の状態になる踊り。平安時代に空也(こうや)が民衆にすすめたのに始まり、鎌倉時代に一遍 ...

阿弥陀仏

  西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)の中心にいる仏。浄土教の本尊で、現在も説法し、衆生(人間をふくむすべての生き物)をすくう活動をつづけている。日本では、浄土信仰の興隆にともない、彫 ...

阿修羅

  阿修羅(あしゅら)とは、古代インドの神アスラが仏教に取り入れられたものです。仏教では悪神ともされます。仏教で説く六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)の修羅(しゅら)が阿修羅の世界とさ ...

ペット供養之証による法要/依頼方法

▶ ペット供養之証をメルカリで依頼する ▶ ペット供養之証をPayPayフリマで依頼する A4用紙に愛犬や愛猫などペットの名前および供養内容などを印刷し硬質カードケースに入 ...

祈願六文銭お守り/記名可・祈願内容選べます/依頼方法【厄除開運、家内安全、身体健全、心願成就、無病息災、交通安全、商売繁盛、合格祈願、良縁成就、因縁消滅】

▶ お守りをメルカリで依頼する ▶ お守りをPayPayフリマで依頼する クーポンがある場合は適応されます。ご覧になるタイミングによっては出品されていない場合もありますが、 ...

年回忌法要早見表(令和2年・西暦2020年)

年回忌は一般的に行われることが多いものを赤字で表示しています。それ以外の場合も祥月命日法要を行ったり、年回忌として行ったりする場合があります。 年回忌法要早見表(令和2年・西暦2020年) 和暦没年  ...

お盆(盂蘭盆会)

お盆(ぼん)、盂蘭盆会(うらぼんえ)とは 日本で夏に行われるの祖先の霊を祀る行事です。日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した特色があります。現在、太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われる(旧盆、月遅れ ...

四聖句

2020/06/12   -用語集
 

四聖句(しせいく)とは、インドから中国へ禅宗を伝えた菩提達磨大師がお亡くなりになった後に中国の宋時代に禅宗で「達磨の四聖句」として定められたと伝えられています。禅とは、経典の言句によるのではなく、自身 ...

見性成仏

2020/06/11   -用語集
 

見性成仏(けんしょうじょうぶつ)とは、悟りという本来の自分に立ち戻ることで、文字にできない宝を手にすることができるという意味です。心というのは、求めても求めてもつかめるものではなく、決まった形がないと ...

直指人心

2020/06/10   -用語集
 

直指人心(じきしじんしん)とは、他人のことばかりを気にせず、自らの心を素直に見つめることによって、自分の可能性を掘り起こすことを意味します。私たちの心の中には、もともと仏心が具わっていることを忘れるこ ...

教外別伝

2020/06/09   -用語集
 

教外別伝(きょうげべつでん)とは、お釈迦様の教えである経典のほかに別に伝わってきたものがあるわけではなく、師匠から弟子へと心に直接の体験として伝えることが大切だということを表現しています。弟子は師匠の ...

不立文字

2020/06/08   -用語集
 

不立文字(ふりゅうもんじ)とは、仏教経典の言葉から離れて、ひたすら坐禅することでお釈迦様の悟りを直接体験するという意味で、文字に頼らず実践することです。悟りの境地は言葉や文字では伝えきることはできない ...

寺院センターとは

寺院センターという名称は寺院に関わる一人ひとりが中心となって生きられるよう「自灯明・法灯明」の心を表し、更には、新旧大小を問わずそれぞれのお寺が自然と中心になるような場所を表しました。浄土系、禅宗系、 ...

開蓮忌(かいれんき)

開蓮忌は亡くなられた日から数えて3日目に行なわれる曹洞宗や臨済宗で行う法事のことです。葬儀・告別式と同じ日に初七日をする傾向にある現在では開蓮忌を省略する場合が多いです。地方によって違うのですが、昔の ...

供養之証による法要/依頼方法

▶ 供養之証をメルカリで依頼する ▶ 供養之証をPayPayフリマで依頼する A4用紙に戒名や故人名および供養内容などを印刷し硬質カードケースに入れたものを作成し、伝統仏教 ...

ファイル型仏壇/依頼方法

▶ ファイル型仏壇をメルカリで依頼する ▶ ファイル型仏壇をPayPayフリマで依頼する いずれも2500円(送料無料)です。クーポンがある場合は適応されます。ご覧になるタ ...

灌仏会(花祭・釈尊降誕会)

4月8日は灌仏会(かんぶつえ/花祭・釈尊降誕会)です。釈尊、お釈迦様、ブッダ、色んな呼び名で呼ばれることがありますが、一番初め、生まれた時につけられた名前はシッダールタといいます。シッダールタが生まれ ...

甘茶

2020/04/08   -用語集
 

花祭りなどで飲まれる甘茶(あまちゃ)はヤマアジサイの一種から作られます。8月の中旬にその葉を摘んで発酵させ、手でもんで、天日で乾燥させて甘茶の出来上がり。生の甘茶の葉は噛むと苦いですが、発酵させて初め ...

アンドロイド観音について

・アンドロイド観音は仏教になじみのない人にも触れてもらおうと、1年半をかけて高台寺と大阪大学の研究チームが総事業費1億円をかけて開発しました。アンドロイド観音の名前はマインダー。頭や胴体など金属の部品 ...

no image

十三仏信仰について説明します

2019/10/23   -用語集
 

十三仏にはそれぞれ忌日があり、初七日忌から三十三回忌にそれぞれ不動明王から虚空蔵菩薩が配されています(動画参照)。この中で初七日忌から四十九日忌までの七日ごとの経過は、既にインドにおいて成立して『倶舎 ...

no image

お寺ヨガ

「お寺でヨガやってるよ」 と聞くと、檀家さんを対象とした催しか、新たな人をお寺に呼びたいための催しか、だいたいこの2通りです。私たち一般人にとっては、ヨガがやりたいのであれば宗派・宗旨なんてどうでもい ...

成道会(じょうどうえ)

12月8日は仏教の開祖お釈迦様が悟りを開かれた日、つまり成道(じょうどう)の日です。シャカ族の王子であったお釈迦様の名はゴータマ・シッダルタといいました。何の不自由もない生活をしていましたが、人生の生 ...

地蔵札

地蔵札(じぞうふだ)というお札を街中や寺院にあるお地蔵さんにを貼る習慣があります。亡くなった時、お彼岸など、全国各地にも地蔵菩薩信仰に基づく似たような習慣があり、その由来についても諸説ありますが、六道 ...

無我(むが)

2018/08/31   -用語集
 

”私”と認識されるものには永遠なる実体がないことを無我と言います。すべてのものごとに実体がないことを諸法無我と言います。常に変化する世界で、例えば、私の細胞は常に生き死にしています。水分を飲んで、食事 ...

不殺生戒(ふせっしょうかい)不偸盗戒(ふちゅうとうかい)不邪婬戒(ふじゃいんかい)不妄語戒(ふもうごかい)不飲酒戒(ふおんじゅかい)

五戒

2018/08/15   -用語集
 

仏教には、人間が生きていくために守った方が良いもの、すべての仏教者が守るべきものをまとめた五戒(ごかい)があります。 この5つの戒が五戒です。 一見、「大丈夫そう」とか「あれさえ注意すれば大丈夫だろう ...



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.