「用語集」 一覧

餓鬼(がき)

2020/11/24   -用語集
 

  餓鬼とは、三途・五趣(五道)・六趣(六道)の一つで、常に飢えと乾きに切迫され、食物や飲物でさえも手に取ると火に変わってしまうことから、決して満たされることがない鬼神です。また、集団の名で ...

仏教用語集 索引

2020/11/19   -用語集
 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

仏教用語集を五十音順で探すことができます。

鬼(おに)- 仏教に関する鬼まとめ

2020/11/19   -用語集
 

  このページでは、仏教に関する鬼についてまとめています。新たなものが更新されると追記していきます。 ・八部鬼衆(はちぶきしゅう)四天王に仕え仏法を守護する8種族の鬼神です。 ・邪鬼(じゃき ...

愛語(あいご)

2020/11/18   -用語集
 

  愛語とは、四摂(ししょう)の一つである「あたたかい心のこもった言葉をかけること」で、これによって人々を救いに導く実践行です。そのことは聖徳太子によって著されたとされる『法華義疏』(ほっけ ...

精進料理(しょうじんりょうり)- 菜食主義との違い

2020/11/18   -用語集
 

  精進料理とは、仏教とともに中国から日本に伝わった修行僧のための食事のことですが、現在、一般に精進料理といわれているものは、曹洞宗や臨済宗、黄檗宗などの禅宗で確立されたスタイルのものです。 ...

和柄お守り・お札・本物の六文銭入◎市松模様◎麻の葉模様◎矢絣模様◎鱗模様◎毘沙門亀甲模様◎記名不可・祈願内容選べます/依頼方法

  和柄お守り・お札(おふだ)とは、火の用心、盗難除け、福は内守、鬼は外守、健康御守、学業成就、こども守、家族御守、厄除開運、家内安全、身体健全、心願成就、無病息災、交通安全、商売繁盛、合格 ...

生前戒名(せいぜんかいみょう)- 授与・依頼法要

2020/11/14   -仏事証書, 便り, 法要, 用語集
 , ,

  戒名は本来、生前に授かるもだということをご存知でしょうか。戒名と聞くと、亡くなられた後、お寺から貰う名前と思われている方が多いのではないでしょうか。ですから、ここではあえて生前戒名と呼び ...

祈願六文銭お守り/記名可・祈願内容選べます/依頼方法【厄除開運、家内安全、身体健全、心願成就、無病息災、交通安全、商売繁盛、合格祈願、良縁成就、因縁消滅】

2020/11/14   -仏事証書, 便り, 法要, 用語集
 

  祈願六文銭お守りとは、厄除開運、家内安全、身体健全、心願成就、無病息災、交通安全、商売繁盛、合格祈願、良縁成就、因縁消滅などを、伝統仏教のお坊さんが依頼者不参加型の法要を行う祈願の証書お ...

抜魂供養(魂抜き、お性根抜き、閉眼供養)- 依頼方法

2020/11/13   -仏事証書, 法要, 用語集
 , , ,

  抜魂供養とは、「ばっこんくよう」と読み、仏壇の中に安置されていたご本尊や位牌、法名軸、または、墓石に宿った魂を抜くための供養です。魂抜き(たまぬき)、お性根抜き(おしょうねぬき)、閉眼供 ...

魂入れ法要(開眼法要・お性根入れ)- 依頼方法

2020/11/13   -仏事証書, 法要, 用語集
 , ,

  魂入れ法要とは、「たましいいれ」「たまいれ」と読み、仏壇の中に安置するご本尊や位牌、法名軸、または、墓石に魂を入れる儀式であり、開眼法要(かいげんほうよう)、お性根入れ(おしょうねいれ) ...

永代供養(えいたいくよう)- 概要とお勧めの依頼方法

  永代供養とは、子孫の代まで先祖を祀り供養することです。現代では寺院や霊園で使われることが多い言葉で、その場合には、先祖供養を様々な事情でできない人に代わり、お布施や料金を払い、寺院や霊園 ...

ペット供養之証 - 法要/依頼方法

2020/11/12   -仏事証書, 便り, 法要, 用語集
 

  A4用紙に愛犬や愛猫などペットの名前および供養内容などを印刷し硬質カードケースに入れたものを作成し、伝統仏教のお坊さんが読経・回向で戒名などを読み上げた後に発送します。供養内容【告別、初 ...

鬼子母神(きしぼじん/きしもじん)

2020/11/09   -用語集
 ,

  鬼子母神とは、毘沙門天の部下の八大夜叉大将もしくは二十八部衆の一つ、散支大将(さんしたいしょう/パーンチカ)の妻で、たくさんいる子どもたちを育てるための栄養をつけるため、人間の子を捕えて ...

供養之証(くようのしょう)- 法要内容/依頼方法

2020/11/09   -仏事証書, 便り, 法要, 用語集
 ,

  供養之証とは、告別、満中陰四十九日忌、百箇日忌、一周忌などの年回忌法要を、伝統仏教のお坊さんが依頼者不参加型の法要を行う供養の証書です。A4用紙に戒名、法名や故人名などを印刷し硬質カード ...

餓鬼幡(がきばた)- 施餓鬼幡、棚幡

2020/10/31   -用語集
 , ,

  餓鬼幡とは、寺院などで行われる施餓鬼会(せがきえ)や施食会(せじきえ)、一般的にいう「おせがき」供養で使われる「緑・黄・赤・白・紫」の五色の幡(はた)です。施餓鬼幡(せがきばた)とも呼ば ...

施餓鬼会(せがきえ)- おせがき

2020/10/31   -用語集
 ,

  施餓鬼会とは、施餓鬼、施食会(せじきえ)とも呼ばれる寺院で行われる法会の名称です。修める時期に定めはありませんが、多くの地域・宗派では7月や8月のお盆前後に勤められており、この場合はとく ...

鬼瓦(おにがわら)

2020/10/31   -用語集
 

  鬼瓦とは、寺院の諸堂や山門などの瓦葺き建造物の屋根の端などに設置され飾られる瓦を総称してそう呼んでいます。飛鳥時代や白鳳時代の鬼瓦はまだ鬼面ではなく、蓮華文を飾っていましたが、それでも鬼 ...

仏性(ぶっしょう)

2020/10/30   -用語集
 

  仏性とは、生命あるすべてのものが持つ仏の性質や仏になり得る原因・可能性のことで、 主に『涅槃経』で説かれる大乗仏教独特の教理です。覚性(かくしょう)とも訳されます。 時代や地域、宗派によ ...

邪鬼(じゃき)

2020/10/30   -用語集
 

  邪鬼とは、仁王像や四天王像に踏まれている小型の鬼で、仏法を犯す邪神として懲らしめられ、苦悶の表情をみせています。悪鬼(あっき)、悪魔などとも総称されます。仏教と切り離した分類でも、たたり ...

追儺会(ついなえ)- 追儺式(ついなしき)

2020/10/30   -用語集
 

  追儺会とは、お寺などで行われる節分の行事で、追儺式、節分会、豆まき式、鬼儺会(おにばらえ)と呼ばれることが多いようです。太陰暦での大晦日が節分にあたり、現在の太陽暦に移すと2月3日頃にな ...

袈裟(けさ)

2020/10/27   -用語集
 

  袈裟とは、出家修行者や僧侶が身につける布でできた衣装で、略式の袈裟は信者も着用します。梵語で壊色・混濁色を意味する「カーシャーヤ」を音訳したものです。糞掃衣(ふんぞうえ)、福田衣(ふくで ...

三毒(さんどく)

2020/10/27   -用語集
 

  三毒とは、迷い苦しむ原因となる欲望のことで、煩わせる心・悟りに至る道を妨げる心のことで、人間の諸悪・苦しみの根源とされている貪・瞋・癡(とん・じん・ち)のことを指します。 貪(とん・ラー ...

煩悩(ぼんのう)

2020/10/27   -用語集
 

  煩悩とは、迷い苦しむ原因となる欲望のことで、煩わせる心・悟りに至る道を妨げる心のことを指します。その捉え方は時代や宗派によって違いがあるものの、煩悩の根本には、人間の諸悪・苦しみの根源と ...

曼陀羅華(まんだらけ/まんだらげ)

2020/10/26   -用語集
 

  曼陀羅華とは、梵語でいう「マンダーラバ」の音写で、天界に咲く花として「法華経」などの仏典に出てくる花です。ブッダを礼賛して降り注いだ花とされています。色が美しく芳香を放ち、見る者の心を喜 ...

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)- 彼岸花

2020/10/26   -用語集
 ,

  曼珠沙華とは、梵語でいう「マンジュサカ」の音写で、天界に咲く花として「法華経」などの仏典に出てくる花です。ブッダを礼賛して降り注いだ花とされていますが、そのものは実在せず、「マンジュサカ ...

お斎(おとき)

2020/10/25   -用語集
 

  お斎とは、一般の方の法事・法要の後、施主が僧侶や参列者を招待して行なう会食のことを指します。お坊さんや参列者に対する感謝を表す場であり、参列者全員で故人の思い出を話す機会でもあります。お ...

斎食(さいじき)

2020/10/25   -用語集
 

  斎食とは、① 正午や決まった時間にとる食事、② 法要など仏事のときに出す食事、③ 精進料理、④ 寺で出される食事。 ①正午や決まった時間にとる食事 それぞれの時代、それぞれの宗派の戒に基 ...

如来十号(にょらいじゅうごう)

2020/10/25   -用語集
 

  如来十号とは、如来・ブッダの十種の称号のことで、如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏世尊、が示すものです。また、魂入れ法要(開眼法要・お性根入れ)の際の ...

雷神(らいじん)

2020/10/25   -用語集
 

  雷神とは、古代インドの自然現象を神格化した原初的な神で、仏教に取り入れられてからは千手観音菩薩の眷属である二十八部衆の傍らに風神と対になって表現される場合が多いようです。雷神は連鼓を打っ ...

風神(ふうじん)

2020/10/25   -用語集
 

  風神とは、古代インドの自然現象を神格化した原初的な神で、梵語で「風」を意味する「ヴァーユ」などと呼ばれ、仏教に取り入れられてからは千手観音菩薩の眷属である二十八部衆の傍らに雷神と対になっ ...

十二天(じゅうにてん)

2020/10/25   -用語集
 

  十二天とは、須弥山(しゅみせん)に住む天部の護法善神諸尊12種の総称です。バラモン教、ヒンドゥーの神が仏教に取り込まれたもので、東・西・南・北の四方と東北・東南・西北・西南を護る八方天に ...

合掌(がっしょう)

2020/10/24   -用語集
 

  合掌とは、インド起源の礼拝の仕草で梵語では「アンジャリ」といいます。左右両方の手のひらを胸または顔の前で合わせて相手に敬意を示すときの仕草です。右手は仏を象徴し、清らかなものや知恵を表し ...



Copyright © 1993 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.