「お経」 一覧

『妙法蓮華経普賢菩薩勧発品』

妙法蓮華経(法華経)の28番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『妙法蓮華経序品』

妙法蓮華経(法華経)の1番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『妙法蓮華経方便品』

妙法蓮華経(法華経)の2番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『自我偈』

妙法蓮華経如来寿量品偈。通称、自我偈(じがげ)です。妙法蓮華経(法華経)の16番目の経典で、「自我得仏来」の言葉からはじまるので、自我偈と呼ばれています。釈迦牟尼仏の命は永遠であることが語られ、仏は迷 ...

『妙法蓮華経妙荘厳王本事品』

妙法蓮華経(法華経)の27番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『妙法蓮華経観世音菩薩普門品』

妙法蓮華経(法華経)の25番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『妙法蓮華経嘱累品』

妙法蓮華経(法華経)の22番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『妙法蓮華経陀羅尼品』

妙法蓮華経(法華経)の26番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『妙法蓮華経如来神力品』

妙法蓮華経(法華経)の21番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『妙法蓮華経如来寿量品』

妙法蓮華経(法華経)の16番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『欲令衆』

欲令衆(よくりょうしゅう)は妙法蓮華経(法華経)の方便品第二・譬喩品第三・法師品第十・見宝塔品第十一の要文を集めたお経です。仏さまが出現された理由を明らかにして、唯一、久遠の釈迦牟尼仏だけが私たちを救 ...

『妙法蓮華経提婆達多品』

妙法蓮華経(法華経)の12番目の経典です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『妙法蓮華経勧持品偈』

妙法蓮華経(法華経)の13番目の経典の偈です。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。 << 戻る

『観音経』

妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈。通称、観音経(かんのんきょう)です。妙法蓮華経(法華経)の25番目の経典で、観音菩薩の名の由来と功徳を説きます。 観音経には、底本が異なるなど、いくつかの版が存在します。 ...

『修証義』

『修証義』(しゅしょうぎ)は、おもに道元禅師の著わされた『正法眼蔵』から、その文言を抜き出して編集されたものです。 明冶時代の中ごろ、各宗派では時代に適応した布教のあり方を考える流れがありました。曹洞 ...

『正信偈和讃』の勤行がはじまる

浄土真宗で『正信偈和讃(しょうしんげわさん)』をお勤めするようになったのは、本願寺第8世蓮如上人(1415~1499年)が越前の吉崎(福井県あわら市吉崎)にいた文明5年(1473年)からです。それまで ...

『理趣経』

『理趣経』(りしゅきょう)は様々な時代に漢訳されていますが、現在、真言宗で常用されている『般若理趣経』は、中国・長安の大興善寺の不空三蔵によって、763年から771年にかけて、粛宗帝の勅により国家事業 ...

『盂蘭盆経』

『盂蘭盆経(うらぼんきょう)』は400年代の終わり頃か500年代の初め頃に中国で成立した偽経(インドで成立したお経ではない)だと考えられています。このページに掲載しているものには竺法護(じくほうご)訳 ...

『梵網経』(ぼんもうきょう)

『梵網経』と通称される大乗仏教の経典『梵網経盧舎那仏説菩薩心地戒品第十』は鳩摩羅什訳とされる漢訳が伝わりますが、原本は伝わっておらず、パーリ語で書かれた上座部仏教所伝の『梵網経』とは内容がまったく異な ...

『般若心経』

『般若心経(はんにゃしんぎょう)』は、正式には『般若波羅蜜多心経(はんにゃはらみったしんぎょう)』といい、さらに略して『心経(しんぎょう)』と呼ばれることもあります。サンスクリット語では、प्रज्ञ ...

『阿弥陀経』

阿弥陀経(あみだきょう)は100年頃にインド文化圏で成立したと考えられている大乗仏教の経典です。もともとの梵語(サンスクリット語)では「スカーヴァティー・ヴィユーハ」(梵: सूखावतीव्यूह, ...

『法華経』

法華経(ほけきょう)とは、妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)のことです。もともとの梵語(サンスクリット語)では「サッダルマ・プンダリーカ・スートラ」(梵: सद्धर्मपुण्डरीक सूत्र ...



Copyright © 2017 - 2019 寺院センター All Rights Reserved.