阿修羅

更新日:

 
阿修羅(あしゅら)とは、古代インドの神アスラが仏教に取り入れられたものです。仏教では悪神ともされます。仏教で説く六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)の修羅(しゅら)が阿修羅の世界とされています。帝釈天(たいしゃくてん)と死闘をくり広げていましたが、仏教に出会いお釈迦様の教えを受け、仏教をまもる八部衆(はちぶしゅう)の1人となったといわれます。

奈良県・興福寺の阿修羅像(天平時代・国宝)は西金堂の八部衆の1体で、最も有名な仏像の1つです。

💡あなたにおすすめのページ💡
   供養之証による法要/依頼方法

<< 戻る

-用語集
-,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.