十二天(じゅうにてん)

投稿日:2021年2月17日 更新日:

 
十二天とは、須弥山(しゅみせん)に住む天部の護法善神諸尊12種の総称です。バラモン教、ヒンドゥーの神が仏教に取り込まれたもので、東・西・南・北の四方と東北・東南・西北・西南を護る八方天に、天・地の二天と日・月の二天を加えて十二天としたものです。

帝釈天(たいしゃくてん)Indra・インドラ 東
・火天(かてん)Agni・アグニ 東南
・焔摩天(えんまてん)Yama・ヤマ 南
・羅刹天(らせつてん)Rākṣasa / Nirṛti・ラークシャサ / ニルリティ 西南
・水天(すいてん)Varuṇa・ヴァルナ 西
風天(ふうてん)Vāyu・ヴァーユ 西北
毘沙門天(びしゃもんてん)Vaiśravaṇa・ヴァイシュラヴァナ 北
・伊舎那天(いざなてん)Īśāna・イシャーナ 東北
梵天(ぼんてん)Brahmā・ブラフマー 天(上)
・地天(じてん)pṛthivī・プリティヴィー 地(下)
・日天(にってん)Sūrya / Āditya・スーリヤ / アーディティヤ 日
・月天(がってん)Candra・チャンドラ 月

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→回向動画で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、戒名授与、開眼、閉眼、ペット供養も可能

<< 戻る

-用語集
-



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.