長野県飯田市の浄土真宗寺院

投稿日:2018年8月28日 更新日:

👍2 龍臥山善勝寺 真宗大谷派 長野県飯田市伝馬町2-31
正念寺 浄土真宗本願寺派 長野県飯田市中央通り2-9
真光寺 真宗大谷派 長野県飯田市中央通り4-7
本覚寺 真宗大谷派 長野県飯田市曙町176

葬儀や法事永代供養戒名授与祈願や厄除け魂入れ(開眼)魂抜き(閉眼)法要墓地霊園納骨堂樹木葬坐禅拝観などで寺院所在地が知りたい場合等の確認にご利用ください。

新型コロナの影響で、感染症対策として三密を避けるなどの対策が必要となっていますが、寺院も例外ではなく、当ウェブサイトの過去の情報と現在の状況は異なっている場合があると考えています。

これまでお寺とお付き合いがない人も、オンライン法要を利用することで、戒名などを知らせて読経・回向をしてもらい、オンライン証書供養之証・回向之証を送付してもらうサービスもあります。※浄土真宗※

長野県の掲載寺院一覧を見る(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

長野県の特色

長野県の阿南町では、新野の盆踊りという夜9時から朝の6時まで夜通し踊る珍しい盆踊りがあります。新野の盆踊りは三味線、笛、太鼓といった鳴り物を一切使いません。櫓の上にいる音頭取りの「音頭出し」と、その下で踊る踊り子の「返し」の声だけで踊りが進められる、素朴な盆踊りです。
長野県、特に北信の方では、「カンバ」と呼ばれる白樺(しらかば)の皮を干したものを燃やして「迎え火」と「送り火」を行います。
長野県の一部地域では、通夜の香典袋のほかに、紅白の水引をかけ、「お見舞い」の表書きを用いた袋を用意することがあります。「入院中にはお見舞いに行けず今になってしまって申し訳ありませんが、どうぞ受け取ってください」という意味の、遺族への気遣いが込められていると言います。
長野県では、通夜の翌朝に火葬をして、その後葬儀を行う「前火葬」と、通夜、葬儀が終わった後に火葬を行う「後火葬」の地域が混在しています。葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」の地域では、出棺時に遺族が「いろ」と呼ばれる白い布を肩にかけて火葬場へ向かいます。これを「いろをつける」といいます。白い布を身につけることによって、故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人があの世へ旅立つ前までは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められています。

-市区町村の宗派別寺院一覧
-,



Copyright © 1993 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.