長崎県対馬市の曹洞宗寺院

投稿日:2018年10月24日 更新日:

寺院情報を宗派別に掲載。住所等を参考にしてご利用ください。

👍2 円通寺 曹洞宗 長崎県対馬市峰町佐賀573
玉泉寺 曹洞宗 長崎県対馬市峰町志多賀551
峰慶寺 曹洞宗 長崎県対馬市峰町三根1077
妙音院 曹洞宗 長崎県対馬市上対馬町芦見30
善応寺 曹洞宗 長崎県対馬市上対馬町舟志乙371
延命院 曹洞宗 長崎県対馬市上対馬町小鹿217
宝光寺 曹洞宗 長崎県対馬市上対馬町河内76
松水寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町大手橋1150
妙音寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町加志277
慶雲寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町久田道1464
円照寺 曹洞宗 長崎県対馬市上県町志多留460
成相寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町宮谷108
東雲寺 曹洞宗 長崎県対馬市上県町佐護友谷244
観音寺 曹洞宗 長崎県対馬市上県町佐須奈乙337
福泉寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町久根279
延命寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町阿連661
円明寺 曹洞宗 長崎県対馬市上県町瀬田1025
一乗院 曹洞宗 長崎県対馬市上対馬町一重211
永泉寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町豆酘2629
法清寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町樫根344
延命寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町久田785

東谷院 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町田淵926
慈眼寺 曹洞宗 長崎県対馬市峰町青海33
普光寺 曹洞宗 長崎県対馬市峰町吉田971
宝泉寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町竹敷231
慶雲寺 曹洞宗 長崎県対馬市上県町女連147
瑞雲寺 曹洞宗 長崎県対馬市上県町佐護東里28
長月院 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町椎根698
竜泉寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町下原389
江東寺 曹洞宗 長崎県対馬市上県町鹿見33
浄林寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町久須保356
梅林寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町小船越382
宝積寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町大山213
西光寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町濃部193
長松寺 曹洞宗 長崎県対馬市上対馬町琴672
大日寺 曹洞宗 長崎県対馬市上県町佐護湊2744
桂輪寺 曹洞宗 長崎県対馬市上県町伊奈1169
甘露寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町与良内院261
妙福寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町安神467
浩養寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町瀬321-5
宝岸寺 曹洞宗 長崎県対馬市豊玉町嵯峨260
普明寺 曹洞宗 長崎県対馬市豊玉町唐洲30
昌安寺 曹洞宗 長崎県対馬市豊玉町横浦310
大徳寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町鶏知甲1300
大蔵寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町今里378
宝泉寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町天道茂467
竜蔵寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町尾崎314
地福寺 曹洞宗 長崎県対馬市美津島町芦浦282
太平寺 曹洞宗 長崎県対馬市厳原町中村631

-----3-----
葬儀や法事永代供養戒名授与祈願や厄除け魂入れ(開眼)魂抜き(閉眼)法要墓地霊園納骨堂樹木葬坐禅拝観などで寺院所在地が知りたい場合等の確認にご利用ください。

新型コロナの影響で、感染症対策として三密を避けるなどの対策が必要となっていますが、寺院も例外ではなく、当ウェブサイトの過去の情報と現在の状況は異なっている場合があると考えています。

これまでお寺とお付き合いがない人も、オンライン法要を利用することで、戒名などを知らせて読経・回向をしてもらい、オンライン証書や供養之証・回向之証を送付してもらうサービスもあります。※曹洞宗※

長崎県の掲載寺院一覧を見る(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

長崎県の特色 地域によって違いがあります

長崎県のお盆といえば「精霊流し」が有名です。鐘と爆竹を鳴らしながら精霊船を引っ張り街中を練り歩く、長崎のお盆の伝統行事です。お墓参りでも爆竹を鳴らすので、「お盆は静かに」というイメージのある他の地域からすると驚かれることも。
長崎県の一部には、故人の衣服を裏返しにして、7日間水を掛けて常に濡れた状態にしてつるしておく風習があるそうです。これを「水かけぎもん」あるいは「逆さぎもん」と呼びます。
長崎県の一部では、出棺の際に近親者で棺を担ぎ、3度ぐるぐると回す「三度回し」「棺回し」などと呼ばれる風習があります。棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられていると考えられたり、回るという儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも考えられたりしています。
長崎県の一部地域では、出棺の際に遺族が額に△の白布つけるという風習が見られます。この△の白布は死装束のひとつで、仏教では「宝冠(ほうかん)」と呼ばれています。白布を身につけることによって、「故人が旅立つまでは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められています。

-市区町村の宗派別寺院一覧
-,



Copyright © 1993 - 2022 寺院センター All Rights Reserved.