立川談志(たてかわ だんし)

投稿日:2011年11月21日 更新日:

 
7代目(自称5代目)立川 談志(たてかわ だんし、1936年〈昭和11年〉1月2日 - 2011年〈平成23年〉11月21日)は、東京府小石川区(現:東京都文京区)出身の落語家、政治家。落語立川流家元。古典落語に広く通じ、現代と古典との乖離を絶えず意識しつつ、長年にわたって理論と感覚の両面から落語に挑み続けた。

古典落語を現代的価値観・感性で表現し直そうとする野心的努力が高く評価されたが、その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。落語のみならず、講談、漫談をも得意とするなど、芸域の広さで知られた。初高座は新宿末廣亭における『浮世根問』。

自ら落語立川流を主宰し、「家元」を名乗る。出囃子は「あの町この町」「木賊とくさ刈がり」。5代目三遊亭圓楽、3代目古今亭志ん朝、5代目春風亭柳朝(柳朝没後は8代目橘家圓蔵)と共に「江戸落語若手四天王」と呼ばれた。

生誕 1936年〈昭和11年〉1月2日

命日 2011年〈平成23年〉11月21日

立川雲黒斎家元勝手居士

💡あなたにおすすめのページ💡
歴史上の人物や尊敬する人に祈りを捧げるなど、思いを形にできます。▶ 供養対象者のお名前や戒名を読み法要実施→回向動画で確認(1000円)/依頼方法

<< 戻る

-人物
-, , , , , ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.