福岡県北九州市門司区の曹洞宗寺院

更新日:

廣厳寺 曹洞宗 福岡県北九州市門司区丸山3-2-5
大光寺 曹洞宗 福岡県北九州市門司区柳町2-3-3
崇聖寺 曹洞宗 福岡県北九州市門司区旧門司1-10-7
玉泉寺 曹洞宗 福岡県北九州市門司区畑225
法音寺 曹洞宗 福岡県北九州市門司区広石2-4-3
金福寺 曹洞宗 福岡県北九州市門司区日の出町13
慈眼寺 曹洞宗 福岡県北九州市門司区風師4-3-58
慈雲寺 曹洞宗 福岡県北九州市門司区風師2-5-6

※葬儀や法事、法要、墓地、霊園、納骨堂、樹木葬、坐禅、拝観などで寺院所在地が知りたい場合等の確認にご利用ください。なお、上記住所にリンク先がある場合「その寺院固有のタグページ」を表示することができます。※曹洞宗※

福岡県の寺院便り(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

福岡県の特色

福岡県のお盆、例えば博多では3日間精進料理をきっちり食する家庭が多く見られます。新盆(しんぼん・にいぼん)という呼び名が無いので、県内すべて初盆(はつぼん)で通用します。また、初盆の案内状を送ったり、出欠の返信を受ける習慣はありません。盆は13日からと決っているので親戚・友人・知人は「親しくしていたから」「お世話になったから」との思いで自発的に仏参するもので葬儀と同じく事前には「誰が」来てくれるかわかりません。又、何時に来てくれるかもわからないというのが特徴です。
福岡県では通夜の際、「通夜見舞い」「夜伽見舞(よとぎみまい)」といって、香典のほかに別途お菓子やお酒、缶詰など、主に食べ物や飲み物を用意して遺族に渡す風習があります。この夜伽見舞いには、お菓子やお酒、缶詰など、主に食べ物や飲み物を用意することが多く、遺族はお通夜の後、故人が淋しくないように語り明かす際、いただいた夜伽見舞いを食べながら過ごし、残った場合は皆に配ります。
福岡県の一部では、出棺の際に近親者で棺を担ぎ、3度ぐるぐると回す「三度回し」「棺回し」などと呼ばれる風習があります。棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられていると考えられたり、回るという儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも考えられたりしています。

-福岡県北九州市門司区の寺院・僧侶を探す
-, , ,



Copyright © 2017 - 2019 寺院センター All Rights Reserved.