日興(にっこう)

投稿日:1333年2月7日 更新日:

 
鎌倉時代の僧侶。日蓮の高弟六老僧の一人であり、白蓮阿闍梨と称する。日興門流の祖。富士大石寺の開山にして、日蓮正宗第二祖に列せられる。日興が日蓮のもとに赴いたのは、弘長元年(1261年)、日蓮が伊豆の伊東に流罪された時と伝えられる(日精『家中抄』)。日興は伊東において日蓮に給仕しただけでなく、周辺への弘教にも努力し、熱海の真言僧を折伏して日蓮の門下とした(日亨『富士日興上人詳伝』)。

弘長3年(1263年)2月、日興は流罪を赦免された日蓮に従って鎌倉に入った。鎌倉での日蓮の活動拠点は松葉ヶ谷の草庵であり、日興もそこで日興より前に日蓮門下となっていた日昭・ 日朗らとともに日蓮に仕えながら日蓮の教化を受けたと思われる。

生誕 寛元4年3月8日(1246年3月26日)

命日 元弘3年/正慶2年2月7日(1333年2月21日)

💡あなたにおすすめのページ💡
歴史上の人物や尊敬する人に祈りを捧げるなど、思いを形にできます。▶ 供養対象者のお名前や戒名を読み法要実施→回向動画で確認(3000円)/依頼方法

<< 戻る

-人物, 年表, 用語集
-, , , , , , , ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.