尊光寺-徳島県阿波市

投稿日:1306年1月1日 更新日:

尊光寺 浄土真宗本願寺派 徳島県阿波市天神41

鎌倉時代末の徳治年間(1306-8)に播磨国赤松氏釋正玄は阿波に移り、阿讃山中の要地である九王野に寺基を開き、無量壽院尊光寺と号し当初は天台宗に属した。八代正淳の世に戦火にあい一切を消滅したが、九王野の旧地は「尊光寺屋敷」として伝承され、一部墓石とともに現在に伝わる。(阿波市土成町指定文化財史跡)
蜂須賀蓬庵公の阿波入国により、九代正尊はその外護をうけて現在の地、大野島に尊光寺を復興し、寛永三年に上洛し浄土真宗に帰した。(リンク先より)

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→回向動画で確認(3000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、戒名授与、開眼、閉眼、ペット供養も可能

<< 戻る

-便り, 年表
-, , , , , , , , ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.