大分県豊後高田市の曹洞宗寺院

投稿日:2018年10月24日 更新日:

寺院情報を宗派別に掲載。住所等を参考にしてご利用ください。

妙覚寺 曹洞宗 大分県豊後高田市荒尾1069
善幸寺 曹洞宗 大分県豊後高田市美和字上野部
泰雲寺 曹洞宗 大分県豊後高田市来縄2191
竜雲寺 曹洞宗 大分県豊後高田市築地216
釣蔵院 曹洞宗 大分県豊後高田市釣蔵院
宝林寺 曹洞宗 大分県豊後高田市草地1297
正福寺 曹洞宗 大分県豊後高田市本名
多福院 曹洞宗 大分県豊後高田市田福
梅松寺 曹洞宗 大分県豊後高田市小畑1246
福田寺 曹洞宗 大分県豊後高田市羽根2189
宝泉寺 曹洞宗 大分県豊後高田市堅来3911
万年寺 曹洞宗 大分県豊後高田市寺田
玉泉寺 曹洞宗 大分県豊後高田市臼野
金宗院 曹洞宗 大分県豊後高田市松行1054
梅遊寺 曹洞宗 大分県豊後高田市一畑663

-----3-----
葬儀や法事永代供養戒名授与祈願や厄除け魂入れ(開眼)魂抜き(閉眼)法要墓地霊園納骨堂樹木葬坐禅拝観などで寺院所在地が知りたい場合等の確認にご利用ください。

新型コロナの影響で、感染症対策として三密を避けるなどの対策が必要となっていますが、寺院も例外ではなく、当ウェブサイトの過去の情報と現在の状況は異なっている場合があると考えています。

これまでお寺とお付き合いがない人も、オンライン法要を利用することで、戒名などを知らせて読経・回向をしてもらい、オンライン証書供養之証・回向之証を送付してもらうサービスもあります。※曹洞宗※

大分県の掲載寺院一覧を見る(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

大分県の特色 地域によって違いがあります

大分県のお盆の時期には酒まんじゅう・たらおさ・みとりおこわといった食べ物が並びます。また、初盆をとりわけ丁重に行うことでも知られており、やぐら灯篭や大きな提灯、籠盛などを使って祭壇を豪華にする特徴があります。
大分県の一部では、出棺の際に近親者で棺を担ぎ、3度ぐるぐると回す「三度回し」「棺回し」などと呼ばれる風習があります。棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられていると考えられたり、回るという儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも考えられたりしています。
大分県では通夜振舞いの席を「別れの膳」と呼びます。この席には一般参列者は同席せず、近親者のみで食事の席を囲みます。県南の一部地域では、通夜振舞い自体を廃止する傾向が見られるようです。
大分県での出棺の際の風習としては、出棺に立ち会った参列者に、団子を配るというものがあります。他の地方で見られる「出立ち飯」のように、昔はこの後葬列を組み、墓地へ行き、埋葬しなければならなかったことから、「一緒に力をつけて故人を見送る」という意味合いがあると考えられます。

-市区町村の宗派別寺院一覧
-,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.