受け取り忘れの朱印帳について

投稿日:2018年8月1日 更新日:

往古より「長谷観音」の名で親しまれる当山は、正式には「海光山慈照院長谷寺」と号します。
開創は奈良時代の天平八年(736)と伝え、聖武天皇の治世下に勅願所と定められた鎌倉有数の古刹です。本尊は十一面観世音菩薩像。木彫仏としては日本最大級(高さ9.18m)の尊像で、坂東三十三所観音霊場の第四番に数えられる当山は、東国を代表する観音霊場の象徴としてその法灯を今の世に伝えています。(リンク先より)

受け取り忘れの朱印帳について

-便り
-



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.